HOME>コラム>合コンが終わった後のメールは重要!異性に好印象を与える方法

合コンが終わった後のメールは重要!異性に好印象を与える方法

メール

長文や質問が多いメールは避ける

合コン後にゴールとしたいのは、この人とまた会いたい、話したいと感じてもらうことに尽きます。ここをゴールとすればハードルも下がり、時間内に仲良くなれなかったリカバリーが一通のメールからできます。返信率を上げるため、質問のための質問メールを送れば返事が来るように感じますが、大概は返信なしです。面倒くさい、大概こうした印象を与えてしまいます。特に、気になる異性に対して、合コンでの話題や聞き逃したこと、これらを長文や質問形式で送ることは避けることが大事です。それよりも、相手が話したいと思えるような話題、さらに気に掛けてくれていることがしっかり伝わる内容を送信するのが良いでしょう。例えば、あの時に話題を振ってくれてありがとう、この内容は好感度が高まるフレーズです。他にも、スポーツをやっているっていいですね、今度教えてくださいというように、相手の長所を褒めるのも良いでしょう。しっかり好意があることが伝わりますし、進展に脈があれば返事が来ますし、好意がなくとも、悪い気持ちはしないはずです。

手をつなぐ男女

相手が返しやすい内容のメールを送ってあげるとよい

合コンは盛り上がりますが、熱しやすく冷めやすいため、解散したその後の連絡が発展のカギを握ります。大概、メールのラリーは好意がある人となら続きますが、答えに困る内容ならば、異性への印象も下がってしまいがちです。一番初めに送るメッセージは、盛り上がりの余韻が残っている間、家に着いた時に出すことがポイントです。例えば、家に着いたか心配だったけれど大丈夫ですか、と言う内容のメールを受け取る側は、質問されているために返事を返します。面倒と感じるより、大概心配されていると感じるため、相手も負担なく返信してくれます。気遣いができる人だというような、好印象を与えることもできます。催促メールは誰もが負担に感じてしまい、夜中や朝方にメールを送るのは避けるのも常識です。気兼ねなく返せる内容を意識するのもポイントで、もっと話したかったなどの文が打てるのは、席の配置によって話せる相手が限定されていたパターンで有効です。異性は、自分に興味を持ってくれていたのだと感じられるため、返事もしっかり返してくれます。